街じゅうを音楽で満たす2日間に32万人が陶酔!

栄ミナミ音楽祭(2016.5)
栄ミナミ

栄ミナミに1日中音楽が溢れるイベント「栄ミナミ音楽祭」。栄ミナミの街づくり事業は、2007年のこの音楽祭から本格的にスタートしました。
2012年より大須商店街や名古屋テレビ塔とも連携しエリアも拡大。地元のラジオ5局(AM2局、FM3局)もコラボしています。

初年度の2007年は、会場数14、参加アーティストも80組ぐらい、来場7.5万人、協賛スポンサー24社でした。
当初は、会場調整やアーティスト集め等苦労の連続でしたが、10年目の2016年には会場数は42、参加アーティストは450組、来場者数は32万人、協賛スポンサー54社と大規模イベントに成長しました。
協賛スポンサーが増えるに伴い、ジャズやハワイアン、アイドルゾーン、大人バンドのグランプリなど、会場毎に独自の展開も生まれています。

音楽祭に合わせて南大津通りの歩行者天国も特別に土曜日・日曜日に開催されるようになりました。
2017年以降も規模拡大を追うのではなく、街づくりの原点である「地域の人々が一緒になって街の活性化に取組む」という意識のもと、さらなる盛況な2日間をめざして鋭意準備中です。